FC2ブログ






無停電装置で自動運転



サーバーを導入するにあたって無停電電源装置(UPS)も一緒に導入することは必要です。
UPSはバッテリー内蔵の装置でサーバーの電源をこのUPSから取ります。
サーバーは電源が落ちることがあってはならない。
例えば瞬電があった場合、UPSがなければ即電源は落ちてしまいます。

でもUPSがあれば、
瞬電があってもバッテリー運転に切り替わり
サーバーの電源は落ちません。


常に一定の電源を供給してくれます。

それにもう一つ便利なのが自動運転出来るという点です。

自動運転とは、UPS装置がサーバーの電源のON/OFFを制御する
というもの

つまり、何時に電源と落として、何時に電源を入れる
ということをしてくれます。

それにはUPS装置の他にUPS管理ソフト・UPS制御ソフトが必要です。
通常UPSとパックでの購入になると思います。

NECのサーバ・UPS購入であれば
このようなソフトがあります。
UPSソフト

サイト→UPSマニュアルサイト

この中のPowerchute business editionというのが制御するソフト
自動電源の設定など行えます。

注意事項としてはサーバーのBIOS設定には
AClinkをPower Onに設定しないと、UPS装置と連動してサーバーが起動するはずが
起動しません。


ぜひともUPS装置及び自動電源制御してみてはいかがでしょうか?





よろしければ”応援ポチ”お願いします!


人気ブログランキングへ



LANの冗長化  ◀ 前  次▶  HOME






スポンサーサイト



[ 2014/08/27 22:51 ] 運用管理 | TB(0) | CM(0)

ウィルス対策を導入する ウィルス用サーバーをたてる



ウィルス対策は今や欠かせないものとなりました。
ただ単に入れるだけというものではなく
アップデートも定期的に必要です。
そんな時に管理出来るのがウィルスのサーバーをたてるという事です。
ウィルス対策製品は企業用ともなると
1台1台クライアントにインストール作業し、アップデートするのは大変です。
サーバー製品を導入すれば、サーバーにインストールし
サーバーからリモートでインストールすることが可能で
アップデートもサーバーから自動的に行ってくれます。


ウィルス対策サーバー/クライアント製品
今回紹介するのはトレンドマイクロ社
ウイルスバスター コーポレートエディション

トレンドマイクロのHPはこちらです

インストールもそんなに難しくありません。
インストール手順のページ

インストールの概要
事前にプログラムをインターネットからダウンロードします。
実際購入となると、インストールサイトやアクティベーションコードがメールで送られてきます。
でもまず体験版にて実際に試す事が出来ます。

※ 一部製品を除き、体験版のご利用開始には「トレンドマイクロ・パスポート」へのご登録が必要となります。
体験版ダウロードサイトへ

1.まずサーバーにIIS(インターネットインフォメーションサービス)をインストール
プログラムの追加削除
サーバーならサーバー機能の追加にて

2.ダウンロードしたソフトを解凍し、セットアップを起動します

3.次へなどで進めていき
対象のコンピュータ検索にチェックします。

4.webサーバの設定画面にて
IISの仮想webサービスを選択
HTTP番号:8080
SSL 有効
証明書 5年
SSLポート 4343
にて進めていきます

5.オンライン登録の所は次へで進め
アクティベーションコード入力にて
体験版のアクティベーションコードを入力します。

6.コープクライアントインストールにチェックします。
このサーバーにもウィルス対策が必要なので、チェックしインストールします。

7.スマートパックやwebレプリケーションは要らなければチェックを外します。

以上でインストール完了し、ウィルスバスターcorp web管理コンソールのアイコンが
デスクトップに出来ます。

これで管理コンソールを起動し
ユーザー名)root
パスワード)インストール時に入力したパスワード入力
管理画面となります。

クライアントのインストール

インストールには3パターンあります。
1.クライアントの場所へ行きそこからネットワークにてサーバーを見にいきインストール
Autopcc.exe を利用したウイルスバスター コーポレートエディション クライアントのインストール方法

2.サーバーからリモートでインストール
リモートインストールを使用したインストール方法

3.インストール用のパッケージを作成しメールもしくはCDにて配信
Client Packagerを使用したインストール

注意はサーバーのファイアウォールが有効になっていたら各クライアントのウィルス対策の導入したアイコンがオフラインになります。
あと、リモートインストールでは
クライアントの簡易ファイルの共有を無効にする必要があります。
あともう一つリモートインストールではそのクライアントのwindowsの立ち上げ時のユーザー名とパスワードの入力が必要です。

パターンファイルのアップについて
パターンファイルのアップについて
サーバーがインターネットに接続されていれば問題ありません。
もし接続されていない場合は、手動でパターンを最新にする必要があります

法人カスタマーサイトにてパターンファイルをダウンロードします。
法人カスタマーサイト

そして手動で適用します。
ウイルスバスター Corp. サーバへの手動適用方法

一度体験版にて試してみて下さい。




よろしければ”応援ポチ”お願いします!


人気ブログランキングへ



セキュリティ対策  ◀ 前  次▶  HOME






[ 2014/08/13 16:43 ] 導入する機器 | TB(0) | CM(0)