FC2ブログ






CA ARCserveのインストール



バックアップソフトでよく使用されているのが
CA ARCserve Backupです

今回このソフトを使用して
Aというサーバーのフォルダを
ロジテックのNASにバックアップするという
設定です。

通常はテープでバイスにバックアップするのですが
NASにもバックアップできるとのことでやってみました。

実際は少しやっかいでした。
知らなかっただけかもしれないですが…

まずCA ARCserve Backup16.5のインストール

ローカルのスタンドアロンサーバーでインストールします。
必要なコンポーネントを選択します。
・「マネージャー」必須
・「ベース」必須
・「Client Agent for Windows x64-Based system」必須
・「Agent for Virtual Machines for x64-Based system」 …hyper-VやVMwareゲストの場合必須
・「診断ユーティリティ」必須

途中どこにインストールフォルダやデータを保存するかを聞いてくるので
システムドライブではないDドライブなどにします。

carootのパスワードを入力します。

インストール完了

デバイス環境設定を行います

マネージャー画面[管理]-[デバイス環境設定]を選択

今回ネットワーク上のNASサーバーですが
ディスクベースデバイスを選択します。

ディスク ベース デバイスの環境設定 ダイアログ ボックスが開き、
ツリーに Windows ファイル システム デバイスとデデュプリケーション デバイスが
別々のブランチとして表示されます。

[追加]をクリックします。
FSD1 という名前で新規ファイル システム デバイスが作成されます。

[ファイル システム デバイス名]列の下の FSD1 というテキストをクリックして、
新規デバイスに名前を指定します。

場所にてネットワークのパスを入力し参照します。
例)¥¥yaredeki-sv¥d¥data
このフォルダーには共有設定をし、管理サーバーのユーザーがアクセスできるようにしておきます。

これで設定は完了です。

バックアップウィザードにてバックアップの設定をします

標準バックアップを選択

ソースタブを選択
ツリー上でバックアップしたいフォルダを選択します。

スケジュールにて
カスタムスケジュールを選択
繰り返し方法など選びます。

ディスティネーションタブを選択
PGRP0上の作成したデバイスを選択します。

オプションをクリックし、上書き設定をします。

サブミットにて作成を完了します。

ジョブステータスにてジョブを実行させます

リストアしてみます

そして大事なのは、一度リストアもしてみることです。

バックアップするフォルダに何かファイルを保存し、バックアップします。
そしてそのファイルを削除し、リストアします。

で、リストアにて
エラーとなりました。
セッション番号が見つかりません


ネットで検索すると以下のサイトでその情報がありました
http://www.arcserve-knowledgebase.com/index.php?View=entry&EntryID=8961

このサイトにてレジストリの変更方法があり、それを実行すると問題なくリストアできました。





よろしければ”応援ポチ”お願いします!


人気ブログランキングへ



実際にDFS  ◀ 前  次▶  HOME






スポンサーサイト



[ 2014/11/24 21:09 ] win7・最新サーバ構築 | TB(0) | CM(0)

仮想マシンの作成



VMware ESXiとの接続

vSphere clientをインストールすると、デスクトップに
ショートカットが作成されます。

「vSphere client」をダブルクリックして
クライアントを起動します。

vSphere clientが起動します。
接続するホストとアカウントを入力します。

・IPアドレス/名前 :ESXiホストのIPアドレス
・ユーザー名   :root
・パスワード   :ESXiの管理者パスワード

仮想マシンの作成

vSphere clientの画面にて
ESXiが左側にIPアドレスとともに表示されていますので
「右クリック→新規仮想マシン」をクリックします。

新規仮想マシンの作成ウィザードが表示されます。

・名前と場所    :仮想マシンにつける名前 
・ストレージ    :仮想マシンを配置するストレージを選択
・ゲストOS     :仮想マシンにインストールするゲストOSの種類を選択
・ネットワーク   :仮想マシンが接続するネットワークと、ゲストOSが利用する
仮想ネットワークとインターフェース(vNIC)アダプタを設定します。

・ディスク作成    :仮想マシンに追加する仮想ハードディスクサイズと
追加するハードディスクの種類を設定します。

※容量が可変可能なシンプロビジョンがいいと思います。
実際に使用分のみで、ゲストOSから見ると確保された容量が見られる。


「終了準備の完了」ではこれまでの設定内容を確認します。
問題なければ「続行」にて仮想マシンの作成となります。





グログランキング
よろしければ”応援ポチ”お願いします!


人気ブログランキングへ


ESXiのインストール  ◀ 前  次▶  HOME






[ 2014/11/16 11:38 ] 仮想化 | TB(0) | CM(0)

ESXiインストール



仮想化を実際に構築してみましょう!

これはまずサーバー機でなくてもパソコンでも試す事はできます。
そしてVMのページにてアカウントを登録
VMware ESX(無償版)をダウンロードできます。

VMware vSphere Hypervisor ダウンロード センター

ESXiのインストール
ダウンロードしたらISOイメージからDVD作成
DVDから起動させます。

「installer」を選択
エンドユーザーライセンス認証が表示され F11キーを押すことで同意
あとは、キーボード種類の選択にてjapaneseを選択
パスワード設定
インストール完了します。

ただし、パソコンの場合は、メモリの容量やサポートされてないLANアダプタの場合
エラーが発生します。
メモリは8G以上必要と思います。
LANアダプタがサポートされていなければESXiカスタマイザーのソフトにて
カスタマイズしたイメージを作成する必要があります。
→参考サイト

ESXiの設定
無事にインストール完了しましたら
ESXiを起動させ F2にて構成画面へ
ログインユーザー rootのパスワードは設定したパスワードを入力
ネットワークの設定をします。
system Customizationの一覧から「configure management Network」
IP configurationから設定していきます。

VMware vSphere clientインストール
設定が完了すれば次はESXiを管理するVMware vSphere clientを
管理するサーバーもしくはパソコンにインストールします。

これはESXiサーバにhttpsでアクセスしてvSphere Clientをダウンロードします。
https://ESXiサーバーのIPアドレス

そしてダウンロードしたファイルを起動させインストールします。

インストールいたって簡単です

インストールするとデスクトップにアイコンが作成されるので
VMware vsphere clientを起動します。

アドレス)ESXiのアドレス
ユーザー)root
パスワード)ESXiのパスワード

入力にて起動させます。

ここまでESXi及びVMware vsphere clientのインストール方法でした!





よろしければ”応援ポチ”お願いします!


人気ブログランキングへ


仮想化する上でのハード選び  ◀ 前  次▶  仮想マシンの作成






[ 2014/11/03 16:16 ] 仮想化 | TB(0) | CM(0)