FC2ブログ






システム導入



システム運用の導入

システムを導入することは、
業者に任せておけばいいという事ではありません
また、その業者にしても決まった考えなしにとにかく動いている
ということがよくあります。

そんななかきちっと段取りを把握していく
何が大事かを理解していく事が必要です。
コンピュータを長年使用していると、買い替えを考えるようになります。
その時どのようにしていくか、
また初期導入についてもいろいろと考えないといけません

・いろいろと面倒な事だなー。
・なにから、どうすればいいのか。
・一体どんな事を考える必要があるの?


購入する為には、その購入先である販売店があって、
ソフトやアプリケーションについても業者があるので、
段取りしてもらえればいい話です。
でも、それで任せるだけになっていては、後々後悔するのは目に見えてます!
まず後悔しないためにも、
運用にて失敗しないためにも、ある程度の事をあらかじめ考えましょう!


導入する為に

1.導入する事が決定
2.構成の協議
3.どういう機器、ソフト、ネットワーク、セキュリティー対策が必要か
4.環境の協議
5.入替え作業か、新規導入物件か 既存のネットワークなど環境で大丈夫か
6.日程の協議
7.打ち合わせ協議後機器の発注


いろいろと決めなければならない事があります。
まずこれら必要な項目を順番に順序だてて計画することが重要です。
計画なしに大体こんな感じでという事をしてしまうと
最終的に問題になってくることが必ず出てきます。

まず何が必要かを明確にすることです。

今後のスケジュールを打ち合わせする

今後のスケジュールなどを調整する為、関連の業者担当者と協議する。
できれば事前に打ち合わせのレジメを作成し持っていくのがいいでしょう。

その為には打ち合わせの前に内部的に各担当者同士で打ち合わせをし、
日程や設定確認を行なう必要がある。
その打ち合わせをもとにこちらの日程や設定の願望を含めてレジメにし、
各業者担当者へ提示しよう。

まずは段取りを考えましょう

いざという時に必要なのは、どの社会、会社に於いても人、マンパワーです
人の段取りと、余裕があれば、なんとでもなります。

段取りについてそれは一度きりというものではありません。
でもただ単に何度でもということでもありません。

きちんとどう進めていくかという事が大事です。

段取りの必要な項目

1.打ち合わせ 導入する側と導入される側とのフェーズを合わせたもの
2.スケジュール 導入する側と導入される側とのフェーズを合わせたもの
3.作業側での打ち合わせ、作業内容のまとめ
4.作業される側の打ち合わせ 作業内容のまとめ
5.作業する側の細かなスケジュール、段取り
6.作業される側の細かなスケジュール、段取り(入替えならバックアップ、環境調整)
7.その他業者がある場合それぞれにスケジュール、段取り

ここからは、導入業者として、その段取りを見て行きます
なぜかというと、業者からはこんな風に見ていると分かれば、
顧客 システム担当者としても、段取りがよく分かるからです。
そして私自身が、導入業者なので、よく分かってる所なので、そうさせていただきます。

まず打ち合わせについて
今後のスケジュールの為に打ち合わせを、お客様・関連の担当者と行なう。
ここで必要なのが、事前にこちら側の意向を進めたいので、先に社内にて、
担当部門と 打ち合わせをし、お客様に対してのレジメを作成する

以上、おおまかだが、こんな内容で担当部門どうし打合せた内容から、
お客様への打合 せ内容を書いて、提示する。

以下レジメの例です。

レジメの例





よろしければ”応援ポチ”お願いします!


人気ブログランキングへ



HOME  ◀ 前  次▶ 効率よく段取り







[ 2013/10/23 11:05 ] システム構築 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaredeki717.blog.fc2.com/tb.php/1-af3edf31