FC2ブログ






システム導入する機器とサーバー



機器について考えるというのは、サーバーやプリンターなど、
どんな機器があるか、
またそれぞれどういう事に気をつけなければいけないか
など考える必要があります。

1. システムで導入する機器
導入する機器は以下のようなものがあります。
・サーバー
・クライアント
・プリンター
・LAN関係

2. そもそもサーバーって?
基本的には、複数のパソコンにさまざまな機能やサービス、
アプリケーション、ファイルを提供するコンピューターです。

サーバー向けの専用OS及びアプリケーションが必要で、
各パソコンの要求に応じてデータを送信したり、処理したりします。
サーバーに対して、サーバーからサービスを受けるパソコンのことは
「クライアント」と呼びます。

サーバーがパソコンと大きく異なるのは
システムの安定性が不可欠ということです。

サーバーは一度動かすと、24時間、365日、運用するのが一般的です。
そのため、ハードディスクを複数搭載して同期させておき、
一台に不具合が起きてももう一台を使って
継続的に運用できるようにするなどの工夫をしています。


3. サーバーに求められるもの

・信頼性(安定している事)

・処理能力が高い(データーが多いので)

・耐久性(壊れにくい。壊れたら仕事になりません)

・冗長性(壊れても稼働する)


各メーカーのserver機というのはこのような点を考慮して提供されています。
パソコンではこのようにはいきません。
性能というのも大事なので何の性能がというのを説明したいと思います

CPU性能
処理速度に関係します。
2つ以上付けることでよりパワーアップします。
具体的には、「Xeon」「Xeon MP」「Itanium」ブランドが
ワークステーション・サーバー向けです。
このうちItaniumは、他のCPUとは設計が全く異なる64ビットCPUです。

Pentium 4(Celeron)とXeonの最大の違いは
複数のCPUを1台に搭載する「マルチプロセッサーシステム」への対応です!
処理速度がほしい時には、やはりマルチプロセッサーは最近では欠かせません。





よろしければ”応援ポチ”お願いします!


人気ブログランキングへ



HOME  ◀ 前  次▶  サーバーのメモリ選定








[ 2013/11/27 22:21 ] 導入する機器 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaredeki717.blog.fc2.com/tb.php/10-cf4fb6e2