FC2ブログ






RAIDについて



RAID(レイド)とは、RAIDコントローラの事で、
RAIDコントローラにDISKが接続され、
コントローラにて制御されています。

1. RAIDの制御
どんな制御かというと、DISKの冗長化をしています。
また、ストライプという制御にてデーターを
各DISKに分散させて処理速度を速くするという事も出来ます。
RAIDは0から6まであり
特に使用されているのは、RAID0、1、5、6です。

2. RAIDの種類
RAID0(ストライピング)
 データーをストライピング(分散化)して
 複数のハードディスクに格納する方法
です。
 複数のハードディスクに並行して同時に
 読み書きすることによって、速度向上と容量の増大を図ります。
 大量のデータを頻繁に読み書きする場合に向いている方式ですが
 データ保護などの冗長情報がないために信頼性は落ちます。


RAID1(ミラーリング)
 同一のデータを複数のハードディスクに同時に格納する方式です。
 この方法では、1台のハードディスクが故障しても
 同じデータを持つ別のハードディスクを使用する事ができるので
 信頼性が向上します。ただし利用できる容量が実際の半分以下になります。


RAID5
 RAID4を改良した方式で、パリティを専用のハードディスクではなく
 データを格納するディスクに分散して格納する方式です。
 これにより、特定のディスクに処理が集中する事がなくなります。


RAID6
 RAID5を拡張し、2台のハードディスクが同時に故障しても
 データが復旧可能なRAIDコントローラ。

 RAID6では、パリティ用に使用するハードディスク台数が1台増えるため、
 同じハードディスク台数でRAID 5とRAID 6を構築した場合、
 実効データ容量がRAID6の方が1台分少なくなってしまう。
 しかし、その分信頼性は大幅に向上することになる。

最近は、RAID6が主流となりつつあるわけですが、
まだまだ高価な為RAID5もしくは、
コストの低いRAID1を採用するケースもあります。
ただし、RAID0による、冗長化が無いというのは、避けるべきだと思います。
それでもコスト的に、という感じならば、バックアップ体制を整えることが必要 です。 
ただし、本格的にとなると、RAIDを導入するほうが無難です。





よろしければ”応援ポチ”お願いします!


人気ブログランキングへ



サーバーのハードディスク選定  ◀ 前  次▶  バックアップについて









[ 2013/12/08 21:36 ] 導入する機器 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaredeki717.blog.fc2.com/tb.php/13-27797c61