FC2ブログ






バックアップについて



バックアップとは、定期的にサーバーにあるデータを
テープデバイスなどに保存する事です。

どの装置にするかや、その方法などを考えなくてはなりません。

バックアップをどのように考える?

バックアップ機器の導入においては,
まず何日前のデータに戻せればよいかを決めます。
これは,バックアップするデータの重要度や更新頻度によります。

バックアップの頻度を決めたら,次に以下のことも確認し決めます

1. バックアップするデータの容量

2. バックアップに費やすことのできる時間

3. システムに許されるダウンタイム

これにて必要な機器のスペックが決まります。
バックアップ機器のスペックは、
その規格の種類によってほぼ決まります
(1)を決めるポイントは、
他で代用できないデータを選別することです。
例えば,OSのデータはCD-ROMを用いて
インストールし直すことができますが,
ユーザーが作成したファイルや売り上げデータを失えば,
代わりになるものはありません。


このようなデータは,運用中に増えていくため,
増加率を見積もって容量を決定します。
あと、(2)(3) が決まれば、機器の選定ということになりますが
(2)と(3)はバックアップの時間に関連する項目で,
一見似ているように見えますが,分けて考える必要があります。

(2)は通常運用時にバックアップに費やせる時間です。
例えば,RDBMSなど夜間バッチを実行していて,
バッチ終了後のデータをバックアップしたい場合などでは,
バックアップに費やせる時間が限られます。

また,週末にバックアップに費やせる時間が長い場合は,
週末にフルバックアップ,平日は差分バックアップとすることで,
時間の余裕を得ることができます。
(3)は,そのシステムに許されるダウン・タイムです。
サーバーにデータを書き戻すリストアは,
バックアップと同じだけ時間がかかります。

データ量にもよりますが,業務の重要度が極めて高い場合は,
(3)のチェックを忘れないでください。

(1)のバックアップすべき容量を,
(2)と(3)の短い方の時間で割れば,
バックアップ機器に要求する2つのスペック,
容量と転送速度が見えてきます。

後はこの要求を基に,機器(規格)を選択するだけです。
現在主流のバックアップ装置の規格は,
非圧縮時のテープ1本当たりの容量が少ない順に,
DDS,QIC,DLT,AITの4種類です。


いずれもテープ・ドライブのハードウエアによる
データの圧縮に対応しています。
圧縮の効果は,容量の増大と転送速度の向上です。
データを1/2に圧縮で きれば,容量と転送速度は2倍になります。
圧縮のレートは圧縮する方式によりますが,
テキスト・データで1/3程度,RDBMSのデータで
2/3程度が目安と言えるでしょう。
もちろん,JPEGやGIFなど,
すでに圧縮済みのデータの圧縮率はあまり高く ありません。

基本的な構成は,1台のテープ・ドライブ,
1本のテープでフルバック アップしたときに,
要求するスペックを満たすことです。
現在は1本で50Gバイトの容量を持つドライブも
100万円弱で入手できます。

バックアップにて転送速度が足りない場合は,
ドライブを複数にすることを 検討します。
ほとんどのテープ・ドライブのインタフェースは
SCSI(Small Computer SystemInterface)で,
デイジー・チェーン(数珠つなぎ)による多重化が可能です。
ほとんどのケースで転送速度のボトルネックになるのはテープのI/Oです。

ドライブを2台にすれば,容量と転送速度が2倍になります。
ただしサーバーのスペックによっては,
CPUなど他の部分がボトルネックになるケースがあるので注意が必要です。
また,容量が足りない場合は,
オート・チェンジャを備えるドライブを利用すれば回避できます。
容量が1本に収まる場合でも,テープ掛け替えの手間を減 らせます。

いずれの場合でもテープの本数が複数になります。
複数のテープのうちの1本だけでも読めなくなると,
データをリストアできなくなってしまいます。

バックアップ・ソフトによっては,
テープでRAIDを構成して冗長化することで ,
テープに1本だけ読み込みエラーが発生した場合でも
データを保証する仕組み を利用できます。





よろしければ”応援ポチ”お願いします!


人気ブログランキングへ



RAIDについて  ◀ 前  次▶  セキュリティについて







[ 2013/12/12 20:57 ] 導入する機器 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaredeki717.blog.fc2.com/tb.php/14-e87d2876