FC2ブログ






サーバーの故障・バックアップ



実際にサーバーで、どういう障害が考えられるのでしょうか?

1. ハード的な物理的故障について

DISKの故障・縮退
基盤系(M/B、メモリー)の故障
電源ユニットの故障

これら、特に、基盤系や電源については、
予測もなく突然発生してしまうケースがほとんどです。
ただ突然発生してしまうからこそ、
備えることができることもあります。
電源ユニットについては、冗長化できるサーバーもあります。
あとは、基盤系については冗長化はできません。
ただ、全て二重化しているサーバーもあります。
あともし金額的に余裕があるのなら、
予備のバックアップ的サーバーを置いておくのも一つの考えです。

サーバーも機械です。
故障するのは当たり前と考えて置いた方がいいと思います。
その方が、いざとなった時の対応も違ってきます。

2. 再度サーバーでの運用管理について

運用管理については以下のようにあります。

・イベントビューア、ログ
・RAIDなどの管理ユーティリティー
・障害の為に備える


3. システムのソフト的な管理

システムのソフト的な運用管理については以下のようにあります。

ソフトウェアのパッチ(修正ソフト)、バージョンアップ
これは、バグや、最新OSへの対応などです。

バックアップ
これは、DISKの故障など、障害に備えて、
システム全体のバックアップ データーのバックアップを行う事です。
バックアップは非常に重要な運用管理です。

4. バックアップ管理

導入に於いては、バックアップを考えることは必須です。
バックアップ装置としては、DDSの磁気テープが一般的です。
DDSには、DDS、DDS-2、DDS-3、DDS-4の4種類があり、
記憶容量はそれぞれ2GB、4GB、12GB、20GBとなります。
そして最近は、DAT72の72Gや、AITがあります。
AITは、ソニー社が数10~200GB 程度のバックアップ向けに開発したものです
その他、ストレージメーカー 3社(HP、Seagate、IBM)
の共同によ り開発されたテープ・テクノロジー、
「LinearTape-Open(LTO) 」
(Ultrium フォーマット)
もあります。
LTOでは、800Gのバックアップができます。圧縮時は1.6TBです。





よろしければ”応援ポチ”お願いします!


人気ブログランキングへ



RAIDコントローラにての管理  ◀ 前  次▶  セキュリティの運用






[ 2014/01/29 21:40 ] 運用管理 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaredeki717.blog.fc2.com/tb.php/19-70721ef0