スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

セキュリティの運用



忘れてはいけない運用面での1つ、
セキュリティー面について考えたいと思います。

1. ユーザー、権限の管理

最初から権限のあるAdministratorは、
まずパスワードを作成することが大事です。
そしていくつかの権限のユーザーを作成する。

2. 外部への接続を考慮

インターネットなどへの接続は、なるべく避けなければいけない。
以下の危険があります。

WEB上での攻撃 ネット上のウィルス
・ダウンロード
(ソフトウェアの取得)

・Webページ閲覧
・チャットメッセンジャー
・インターネット
・ファイル共有システム

ネットワーク越しの攻撃 直接攻撃
・Dos攻撃/DDos攻撃
・ゼロディ攻撃
・ネットワーク盗聴
・情報改ざん
・クロスサイトスクリプティング攻撃

セキュリティーホールを狙う攻撃  脆弱性
・ソフトウェアの不具合
・設定ミス
・推測されやすいパスワード

これらの危険性がある為、なるべくは、
基幹業務のサーバは外部との接続は避けるべきだと思い ます。

3. メディアからの感染  外部メディアでの使用

・ウィルスの潜んだメディアによるファイルのやりとり
・付録・配布CD-ROM

USBメモリーは使用しない!など、サーバーに於いては、
セキュリティーは厳重に! といっても、
クライアントとはLANで繋がっている為、
クライアントも厳重にする事は もちろんの事、
あと不正端末の接続を防ぐなど、
システム全体のセキュリティーも必要 です。






よろしければ”応援ポチ”お願いします!


人気ブログランキングへ



サーバーの故障・バックアップ  ◀ 前  次▶  クライアントの運用








[ 2014/02/03 21:35 ] 運用管理 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaredeki717.blog.fc2.com/tb.php/20-865b422e








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。