FC2ブログ






スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ESXiインストール



仮想化を実際に構築してみましょう!

これはまずサーバー機でなくてもパソコンでも試す事はできます。
そしてVMのページにてアカウントを登録
VMware ESX(無償版)をダウンロードできます。

VMware vSphere Hypervisor ダウンロード センター

ESXiのインストール
ダウンロードしたらISOイメージからDVD作成
DVDから起動させます。

「installer」を選択
エンドユーザーライセンス認証が表示され F11キーを押すことで同意
あとは、キーボード種類の選択にてjapaneseを選択
パスワード設定
インストール完了します。

ただし、パソコンの場合は、メモリの容量やサポートされてないLANアダプタの場合
エラーが発生します。
メモリは8G以上必要と思います。
LANアダプタがサポートされていなければESXiカスタマイザーのソフトにて
カスタマイズしたイメージを作成する必要があります。
→参考サイト

ESXiの設定
無事にインストール完了しましたら
ESXiを起動させ F2にて構成画面へ
ログインユーザー rootのパスワードは設定したパスワードを入力
ネットワークの設定をします。
system Customizationの一覧から「configure management Network」
IP configurationから設定していきます。

VMware vSphere clientインストール
設定が完了すれば次はESXiを管理するVMware vSphere clientを
管理するサーバーもしくはパソコンにインストールします。

これはESXiサーバにhttpsでアクセスしてvSphere Clientをダウンロードします。
https://ESXiサーバーのIPアドレス

そしてダウンロードしたファイルを起動させインストールします。

インストールいたって簡単です

インストールするとデスクトップにアイコンが作成されるので
VMware vsphere clientを起動します。

アドレス)ESXiのアドレス
ユーザー)root
パスワード)ESXiのパスワード

入力にて起動させます。

ここまでESXi及びVMware vsphere clientのインストール方法でした!





よろしければ”応援ポチ”お願いします!


人気ブログランキングへ


仮想化する上でのハード選び  ◀ 前  次▶  仮想マシンの作成






[ 2014/11/03 16:16 ] 仮想化 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaredeki717.blog.fc2.com/tb.php/42-97d5dece








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。