FC2ブログ






スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CA ARCserveのインストール



バックアップソフトでよく使用されているのが
CA ARCserve Backupです

今回このソフトを使用して
Aというサーバーのフォルダを
ロジテックのNASにバックアップするという
設定です。

通常はテープでバイスにバックアップするのですが
NASにもバックアップできるとのことでやってみました。

実際は少しやっかいでした。
知らなかっただけかもしれないですが…

まずCA ARCserve Backup16.5のインストール

ローカルのスタンドアロンサーバーでインストールします。
必要なコンポーネントを選択します。
・「マネージャー」必須
・「ベース」必須
・「Client Agent for Windows x64-Based system」必須
・「Agent for Virtual Machines for x64-Based system」 …hyper-VやVMwareゲストの場合必須
・「診断ユーティリティ」必須

途中どこにインストールフォルダやデータを保存するかを聞いてくるので
システムドライブではないDドライブなどにします。

carootのパスワードを入力します。

インストール完了

デバイス環境設定を行います

マネージャー画面[管理]-[デバイス環境設定]を選択

今回ネットワーク上のNASサーバーですが
ディスクベースデバイスを選択します。

ディスク ベース デバイスの環境設定 ダイアログ ボックスが開き、
ツリーに Windows ファイル システム デバイスとデデュプリケーション デバイスが
別々のブランチとして表示されます。

[追加]をクリックします。
FSD1 という名前で新規ファイル システム デバイスが作成されます。

[ファイル システム デバイス名]列の下の FSD1 というテキストをクリックして、
新規デバイスに名前を指定します。

場所にてネットワークのパスを入力し参照します。
例)¥¥yaredeki-sv¥d¥data
このフォルダーには共有設定をし、管理サーバーのユーザーがアクセスできるようにしておきます。

これで設定は完了です。

バックアップウィザードにてバックアップの設定をします

標準バックアップを選択

ソースタブを選択
ツリー上でバックアップしたいフォルダを選択します。

スケジュールにて
カスタムスケジュールを選択
繰り返し方法など選びます。

ディスティネーションタブを選択
PGRP0上の作成したデバイスを選択します。

オプションをクリックし、上書き設定をします。

サブミットにて作成を完了します。

ジョブステータスにてジョブを実行させます

リストアしてみます

そして大事なのは、一度リストアもしてみることです。

バックアップするフォルダに何かファイルを保存し、バックアップします。
そしてそのファイルを削除し、リストアします。

で、リストアにて
エラーとなりました。
セッション番号が見つかりません


ネットで検索すると以下のサイトでその情報がありました
http://www.arcserve-knowledgebase.com/index.php?View=entry&EntryID=8961

このサイトにてレジストリの変更方法があり、それを実行すると問題なくリストアできました。





よろしければ”応援ポチ”お願いします!


人気ブログランキングへ



実際にDFS  ◀ 前  次▶  HOME






[ 2014/11/24 21:09 ] win7・最新サーバ構築 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaredeki717.blog.fc2.com/tb.php/44-b7366b81








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。